仕事や勉強で疲れていても眠れないことがある?その原因は?

身体的な原因で眠れない事はよくある?

身体的な原因で眠れない事はよくある?

睡眠は日常生活の一部であり、健康を維持する上でも大切な要素と言えますが、近年では睡眠不足で悩まされる人が多くなっています。

眠れない要因としては様々ありますが、中でも多いのが身体的な原因によって眠れないといったケースです。

その原因として最も多いのが鼻づまりなどの症状で、特に花粉症の季節になりますと日常的に鼻づまりに悩まされる人が多く、それは睡眠時においても同様のため、なかなか眠れないといった人が少なからずいます。

また痛みやかゆみなども睡眠を妨げる原因となっています。蚊に刺されるなどによってかゆみがあったり、骨折治療などのために痛みが発症したりして、睡眠が十分に取れないといったケースも良くあります。

精神的な原因で眠れない事はよくある?

精神的な原因で眠れない事はよくある?

不眠症の原因はさまざまありますが、ストレスによって睡眠に大きく影響することはあります。

眠れてもすぐ目が覚めてしまう中途覚醒を繰り返して、それが新たな精神的なストレスとなるといった悪循環を生み出し、日中に眠たくなって集中力が無くなることも多々あります。

ストレスを取り除けば良いと思っても簡単に解決しない問題であれば、そもそもの原因を改善させるのが難しいので、眠れないことを眠れるようにする必要があります。

入浴して体温を上げたり、寝る前にストレッチをしたり、ゆったりできる時間を作ったりして眠れる態勢にしながら精神的にもリラックスさせてあげることが大切です。

ストレスの原因と向き合えば、かえって神経を高ぶらせてしまいますから気持ちの切り替えも大切です。

環境的な原因で眠れない事はよくある?

環境的な原因で眠れない事はよくある?

眠りたいのに眠れないのは環境的な原因がある事があります。人間の体内時計は光を浴びることで時間を調整しています。

なので、夜遅くまで明るい部屋で過ごす事で体内時計が狂い、寝つきが悪かったり睡眠にも悪影響を及ぼす可能性があります。部屋の明かりを少し暗くしたり、目に入る光を少なくする事で改善される場合もあります。

静かな時間に外からの騒音や雑音が気になり、眠れない事も多いです。音が気になっていつまでも眠れないと睡眠不足の原因にもなります。窓に防犯フィルムを貼ったり、遮音カーテンを付けるだけでも気になる音を遮断する事が出来ます。

枕の高さやベッドの硬さ、旅行などでいつもと違う場所でも原因になることがあります。暑さ、寒さの気候の問題で眠れない事もあるでしょう。

全て環境的な問題が関わっている場合は、その場の環境の改善方法を見つけることで、良い睡眠が取りやすくなります。